スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【Apple】iTunesでiPhone着信音を作成する

今回はMP3ファイルから着信音用ファイルを作成します。

着信音にする曲の上で右クリックし「プロパティ」をクリック
apple_2010-12_0001.jpg

曲のプロパティが出てきたら、オプションタブをクリック。
開始時間、終了時間にチェックを入れ、時間を指定します。着信音に設定できる時間は40秒以下。ぴったり40秒では上手く登録できない事がありましたので、余裕を見て35秒以下の方がいいかもしれません。
apple_2010-12_0002.jpg
開始時間、終了時間は小数点以下の数字も指定可能です(1:50.123など)ので、調整→再生チェックを繰り返してベストなタイミングを見つけ出してください。
指定が完了したら「OK」をクリック

再度曲の上で右クリックし「ACCバージョンを作成」をクリック
apple_2010-12_0003.jpg

数秒で指定した秒数のファイルが作成されます。
apple_2010-12_0004.jpg  

ファイル形式の変更のため、作成したファイルがある場所を開きます。
上で作成したファイル上で右クリックし「Windowsエクスプローラで表示」をクリック。
apple_2010-12_0005.jpg

ファイルが保存されているフォルダが開きます。フォルダ内に「○○○.m4a」拡張子ファイルがあるはずですので、「○○○.m4r」に変更します。
apple_2010-12_0006.jpg  
拡張子が表示されていない場合
スタート → コントロールパネル → デスクトップのカスタマイズ → フォルダーオプション
を開き「表示」タブの詳細設定内「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す

拡張子を変更した「○○○.m4r」ファイルをダブルクリックするとiTunesの着信音ライブラリへ登録されます。
apple_2010-12_0007.jpg

登録後、iPhoneを同期させると着信音の設定画面に作成したファイルが表示されます。
apple_2010-12_0008.jpg


着信音用にiTunesに登録した曲ではない場合、開始時間、終了時間にチェックをいれたままだとその部分しか再生されませんので、チェックを外すのを忘れないようにしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

2010-12-12 : PC関連・自作PC・モバイル : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

【ソフトバンク】ホームアンテナFT 無事接続完了

交換用のフェムトセル機器が到着しました。
ソフトバンク側で配達日付指定しててそれが3日になってたけど、4日に持ってきて「ちょっと遅れました~」の一言だけ。別にソフトバンクが勝手に日付指定してるだけだから遅れても気にしないけど、特に悪いとも思ってないような佐○急便の対応は・・・まぁいつもの事か・・・


到着した物を見比べましたが、交換用として来た物の方が製造番号が若干新しいだけで特に特に違いはなし。
fmt_001.jpg

早速古い物と入れ替え電源ON。今回は説明書の案内通り
赤点灯→緑点滅→緑点灯

問題発生する訳でもなくたった数分で無事繋がりましたw
この記事を書いてる時点ですでに7時間程度経過してますが、安定して繋がってるようです。
結局はフェムトセル機器本体の不具合だったって事です。他の方のブログとかでも赤点滅で繋がらずに困ってるって記事がありますが、不具合が発生してる可能性大ですね。出荷前に作動確認とかしてないんじゃないかと思ってしまいます。


繋がった記念?にスピードテストをしてみました。利用したのはiPhoneアプリの「SPEEDTEST」(XTREME LABS社)。計測時間は日曜日21時頃。数回計測し一番早かった物です。
左からWi-Fi接続(フレッツ光・@Nifty)、SoftBank 3G回線、SoftBank ホームアンテナFT
fmt_002.jpg

下りWi-Fiが圧倒的速度なのは光回線なので当たり前の話ですね。
次にホームアンテナFTが来ています。しかもアベレージ3,157kbits/sとかなり高速。数回の計測でしたが、2,000~3,000kbits/sをウロウロする感じでした。
そして3G回線・・・もうお話になりませんw というか、なぜここまで低いのかという感じです。
相手のサーバの状況や計測時間帯、回線の状態、3G回線は場所によって全く速度が変わってくるでしょうが、参考までに。

テーマ : SoftBank
ジャンル : 携帯電話・PHS

2010-12-05 : PC関連・自作PC・モバイル : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【ソフトバンク】iPhoneのバッテリーが・・・続 ホームアンテナFT不具合問題

28日の夜、iPhoneの充電が完了していたので充電器から外しベッド横に置いていました。そして翌朝iPhoneを見るとバッテリー残60%・・・えっ?寝る前に見た時は99%だったのに?iPhone逝った?と思い一応再充電。
充電中に何気なくiPhoneを見ていると、アンテナバーがやけに不安定。1本になったり5本になったり、最終的には検索中になって圏外表示。数秒たつと5本に戻る。しかもそれが1回きりじゃなく数分おきに繰り返されるという事態に。うちが電波悪いって言ってもさすがにここまで悪い訳じゃないぞ?と思い原因を考えると、あ~あれだ、ホームアンテナFT。

原因であろうホームアンテナFTを観察してみると、フェムトセル機器の表示が
赤点滅→緑点滅→緑点灯→赤点灯→赤2回点滅→緑点滅→赤3回点滅→・・・・・
みたいな表示に。そもそも赤2回点滅、赤3回点滅のエラー表示は説明書に載ってないんですけどw

で、iPhoneのバッテリー減の原因を推察すると・・・
赤点滅→緑点滅ときて緑点灯になった時点でiPhoneがフェムトセル経由でネットワークに接続。
その後すぐに赤点灯になりフェムトセル機器からの電波が途切れiPhoneが電波を拾えなくなり検索中→圏外表示。
数秒たって外部基地局の電波を拾い5本表示。
そしてこれを永遠に繰り返し・・・

こんな事を数時間も繰り返してたら、そりゃバッテリー減るのも早いよって話です。


こんな状態でホームアンテナFTの電源を1~2週間入れっぱなしじゃ携帯使えないぞって事で、問い合わせ窓口へ電話。
数日前の事、遠隔操作するから1~2週間待てと言われた事、このままじゃ携帯使えないからホームアンテナFTの電源切るよ?切っちゃ駄目なら今すぐ遠隔操作して調べてよ的な事を伝える。
さすがに今すぐ調査は無理だろうなwと自分で言ってて思ったけど、その予想通り今すぐ遠隔操作は無理ですと。12月1日~3日の期間に調査するので、その間だけ電源を入れておいてと言われしょうがなく承諾。

これが29日の話です。


そして本日30日。
問い合わせ窓口からの電話があり、本体の不具合の可能性があるので本体一式を交換しますと。12月2日頃には到着すると思うので、本体を交換して安定するまで様子を見てくださいとの事でした。

さて、どうなる事か・・・

テーマ : SoftBank
ジャンル : 携帯電話・PHS

2010-11-30 : PC関連・自作PC・モバイル : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【ソフトバンク】ホームアンテナFT(フェムトセル)がやっときた・・・・が

場所が悪いのかiPhoneが悪いのか、電波のつかみが不安定で、電波表示がフラフラ、妙にメール受信が遅れたり・・・な我が家。そのおかげか家にいるだけでiPhoneのバッテリーは普通以上の速度でしっかり減っていきます。
これ以上ネットワーク関係の機器を増やしたくなかったけど、電波状況に我慢できなかったので、2010年9月30日にホームアンテナFTを申し込み。申し込み後に送られてきたメールに、進捗状況を確認できるページがあるとの記載がありました。

進捗状況のステータスがこんな感じ
・書類提出(同意書)待ち:フレッツ光の利用同意書を郵送しろ。同意書返送からフェムトセル基地局発送まで1~3ヶ月。
・お申し込み内容確認:申し込み内容の確認。フェムトセル基地局発送まで1~3ヶ月。
・無線基地局免許申請/回線手続き:免許交付され次第フェムトセル基地局発送。2週間~1ヶ月半。
・フェムトセル機器発送:数日で届く予定
・ご提供不可
・発送済み

9月30日に申し込みをし、その日に同意書を発送。同意書発送先が隣の県の福岡県北九州市だったので、翌日には到着したみたいで、10月1日にはステータスが「お申し込み内容確認」に。意外と早いんだなwとか思いながらも、他の方のブログや2chを見ても2ヶ月近くはかかる的な事が書いてあったのでそのうち来るだろうと思い待っていると・・・10月末に突然ソフトバンクから荷物到着。
光BBユニットとフェムトセル機器の2個来るのは他の方のブログで見てわかってたので、光BBユニットが来たのかと思い受け取り開封してみる。間違いなく光BBユニットでした。
光BBユニットが来るって事は免許申請中?と思いステータス確認をするも「お申し込み内容確認」のまま。まさかこれがきて利用できませんって事はないだろうと思い、早速据え置き予定の場所へ設置。予備として屋根裏に通しておいたLANケーブルのコネクタを取り付けCTUと直結し電源を入れてみる。CTUと光BBユニットがリンクしたな~ってだけで、フェムトセル機器が来てないので電源を入れても何が出来るって訳じゃないけど、なんか電源入れてみたくなるよねw

sb_fmt_001それから1週間おき位にステータス確認をしても「お申し込み内容確認」のまま変わらず。本当に大丈夫か?とちょっと心配になりながら約1ヶ月後。ようやく11月25日にフェムトセル機器が到着。ステータス確認してみると「発送済み」の表示がw まぁそりゃ手元にあるんだから発送済みには間違いないんだけど・・・役に立たない進捗状況の表示なら止めてしまえよと。

そんな事に文句言ってもしょうがないので、光BBユニットを設置した横にフェムトセル機器を設置。LANケーブルで繋いで電源ON!

説明書によると
赤点灯→緑点滅→緑点灯
で利用可能になると。そして初回接続時だと利用可能になるには時間がかかるとの事で、少し待ってみるが赤の点滅になり繋がらない。しょうがないので、説明書の通り電源の入れ直しをしてみたら
赤点灯→緑点滅→赤点滅→緑点滅→緑点灯
で、どうやら繋がったよう。確認のため、iPhoneから「*2610」に電話すると「フェムトセル小型基地局経由の通話を確認しました」との音声案内があり使えるようになった!・・・と思った矢先、iPhoneが圏外表示。そしてフェムトセル基地局が赤点滅に。

なんだこれwと思いながらiPhoneが圏外のままだと困るので、機内モードのON OFFで外部基地局の電波を拾わせる。2chを見ると、1日放置で緑点灯になったみたいな事を書いる人いたので、赤点滅のまま放置プレイ。翌日見てみるが赤点滅のまま。電源を入れ直しても赤点灯→緑点滅→赤点滅のまま。

こりゃもう無理だなと思い問い合わせ窓口へ電話。
聞かれる事と言えば、CTUの設定は大丈夫?とか配線は大丈夫?とかその程度。1回は繋がったんですよ!と言うと「1回はフェムトセル経由で繋がってるんだから配線とか設定は問題なさそうですね・・・」と窓口の人も困り気味w 最後に電源のON OFFをとの事で、CTU→光BBユニット→フェムトセル機器 の順番に入れてみてちょっと様子見てくださいとの事で、電話は終了。

どうせ無理だろうと思ったが念のため電源を CTU→光BBユニット→フェムトセル機器 とやってみたが全く改善の兆し無し。

再度問い合わせ窓口へ電話し、繋がらないんですけど?と1時間前の電話の内容と今の状況を説明する。
「それでは遠隔操作で確認するので、電源入れたまま1~2週間お待ちください。初期不良なら本体交換しますね」と・・・(゚Д゚)ハァ?と思ったが、ちょっと面倒くさくなってたので、わかりましたと言って電話を切る。

結局何も解決せず、うちのフェムトセルは今も赤点滅のまま無駄に電力利用中。年内には繋がるようになればいいなと思ったりしてますw
sb_fmt_002

テーマ : SoftBank
ジャンル : 携帯電話・PHS

2010-11-27 : PC関連・自作PC・モバイル : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

au IS01をGPSロガーとして使ってみた 【My Tracks】

車載動画の撮影を始めて、ルートの確認・管理をするためにいつかは購入しようと思っていたGPSロガー。安くても6,000円近くするんで購入を躊躇っていました。そこにIS01の新規一括0円販売されている情報を発見。IS01を買ったのにはMy Tracksを使えばGPSロガーとして利用できる?との思いもあったからです。


まずIS01のGPS機能ですが・・・
----------------------------------------------------
Android搭載のシャープ製スマートブック「IS01」
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20100330_357727.html
GPS機能に対応し、クアルコムの「gpsOneXTRA」機能が搭載されている。携帯電話で多く搭載されているネットワークアシスト型のGPS機能(A-GPS)とは異なり、スタンドアロンに近いGPS機能となる。A-GPSはGPS衛星から取得した緯度経度情報を基に、ネットワーク上で位置計算を行いながら位置情報の精度が高められている。
スタンドアロン型のGPS機能は、単独で位置情報が取得可能な一方で、GPS衛星の受信感度に依存する。「gpsOneXTRA」は、これまでネットワーク上で行っていた計算処理を端末側で行い、精度が高められたGPS機能になるという。
----------------------------------------------------
色々なサイトなどを見てみましたがA-GPSと書かれている所もあり、gpsOneXTRA単体なのか、gpsOneXTRAがA-GPSのような機能を持っているのか、A-GPSとgpsOneXTRAのハイブリッドなのか、よく判らない状態です。A-GPSが入ってるとしても、今回のSI01は月額8円で維持するためSIMを抜いておりデータ通信が出来ない状態ですので、A-GPSは機能しない状態になっています。

それではさっそくIS01にMy TracksをインストールしGPSロガーとして利用し実際に測定したのが下記の地図です。

より大きな地図で セブンイレブン田倉→ハンズマンくさみ を表示。距離約35km、時間1時間3分(内移動50分)。

ルートは
セブンイレブン田倉付近 → 山口県道34号 → 下関IC (関門自動車道) 門司港IC → 福岡県道260号(山道) → 福岡県道25号 → ハンズマンくさみ付近
一般道路、一般道路山道区間、高速道路、一般道と高速道路のトンネル区間、市街地と、GPSのルート記録実験にはベストなルートだと思います。

地図を詳細表示にして見ていただければ判りますが、かなり正確にルートをトレースしているのが分かります。
高速道路や一般道のトンネル区間ではGPSが補足できなくなるとルート記録が一時停止しますが、トンネルを出ればすぐにGPSを補足し記録が始まります。トンネルを出てからGPSの補足まで約0.5~2秒程度とかなり早いと感じます。
門司港ICを出てからの福岡県道260号は一部区間が山道で、道路上空に枝や葉っぱなどが覆い被さり頭上の見通しが悪くGPSが補足しにくい場所がありますが、若干のズレがある程度でほぼ問題なくトレースしています。

GPSロガー利用時のバッテリー駆動ですが、液晶光度自動調整(常時ON)、無線LAN ONの状態で利用し、約30分で10%程度減ります。GPS受信状態や液晶バックライト状況で利用時間は変わってきますが、計算上4時間半程度ならバッテリーのみで記録可能なんじゃないかと思います。液晶画面表示状態で4時間以上利用できれば十分だと感じます。


このMy Tracksで記録した経路データの扱いですが、さすがGoogle製だけあってGoogleMapとの連携は完璧な物があります。メニューから「Googleへ送信」を選択すればGoogleマイマップへ経路データを送信し上記地図のようにルートを表示可能です。
GoogleMap連携だけではなくGPXやKML形式でのファイル出力も出来ますので、他の地図ソフトでのルート表示なども可能になっています。実際に今回記録した物をGPX形式の経路データで書き出しルートラボで読み込みさせた物が下記の地図となります。



最後にIS01での表示ですが、写真上左:GoogleMapでのルート表示。写真上右:速度、合計距離、平均速度などのデータ表示。写真下:速度と高度のグラフ表示。ルート記録中でも上記3画面の中から1つを表示可能になっています。
IS01_My_Tracks.jpg


実際の所、本体GPSだけでここまで正確に記録されるとは思っていませんでした。これならばGPSロガーとしてかなり使えると思います。というか、6,000円前後の一般的なGPSロガーを購入するよりもIS01の方がお得な感じですね。

テーマ : 車載動画
ジャンル : 車・バイク

2010-10-23 : 車載動画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

ニシメン

Author:ニシメン
FC2ブログへようこそ!

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。