スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

SSD購入 crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1

今まではWestern Digital WD3200AAKS(320GB)2台のRAID0で運用してきましたが、実用容量のSSDもだいぶ安くなってきてるので、思い切ってSSDに変更してみました。

現在のPCの構成は下記の通りです(SSD変更後)
マザー:ASRock A790GMH/128M
CPU:AMD Phenom II X3 720 Black Edition
メモリ:CFD W2U800CQ-2GL5J (DDR2 PC2-6400 2GB 2枚組) 2セット(計8GB)
SSD:
crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1 (64GB-システム用)
HDD:
Western Digital WD5000AAKS (500GB中200GB-システムデータ類用)
Western Digital WD7500AADS (750GB-データ用)


購入したSSDは crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1 (64GB)
2010/10/02購入時 12,980円
ssd.jpg


HDDだと9,000円も出せば2TBが買えちゃう世の中なので、SSDはもっと安くなる or 同等の値段で容量が増えるまで待とう!と思ってたんですが、ついつい手を出してしまいました。

いろいろなサイトのベンチマークにも出てる通り、このSSDは本当に爆速ですね。いや・・・どのSSDを買っても早いんでしょうけどねw
このSSDの唯一?のウィークポイントは書き込みが75MB/sな事。やはりインストールなどの書き込みが多い処理では若干遅く感じます。それを差し引いてもSSDにする価値は十分有りだと感じています。今思えばRAID0とは一体何だったんだろうかと思うほどw


独自にベンチマークをしてみた結果が下記の通り
ATTO Disk Benchmark
左から WD3200AAKS RAID0 2台、WD3200AAKS RAID0 3台、CTFDDAC064MAG-1G1
atto.jpg


CrystalDiskMark
左から WD3200AAKS RAID0 2台、WD3200AAKS RAID0 3台、CTFDDAC064MAG-1G1
cdm.jpg


HD Tune
左上 WD3200AAKS RAID0 2台、右上 WD3200AAKS RAID0 3台、下 CTFDDAC064MAG-1G1
hdt.jpg


ベンチマークを見ても判るように、SATA 2.0(3Gbps)での接続がボトルネックになってしまっています。
このSSDの本来の性能を出すためにはSATA 3.0(6Gbps)ポートを持ったマザーに買い換えるか、拡張カードを買うかの選択がありますが、SATA 3.0対応の AMD 890GX + SB850 チップセットのマザーに買い換えとなると、DDR3メモリまで買わなくてはいけない。拡張カードを買うとなると、安くても4,000円ちょっと。しかもカード自体がボトルネックになってしまう可能性がある。

結論として4,000円も出して拡張カードを買うより、将来の(いつになるか不明だが)マザー+メモリ買い換えまで現状維持で行こうと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

2010-10-06 : PC関連・自作PC・モバイル : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム

プロフィール

ニシメン

Author:ニシメン
FC2ブログへようこそ!

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。