スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

SSDへのWindows7のインストール - 「Users」と「ProgramData」の移動

SSDへのWindows7のインストールを自身の覚え書きも含めて記載していきます。


SSDには書き込み回数に制限がある事と、利用容量の削減のため、書き換え回数の多い「Users」と「ProgramData」フォルダをDドライブ(HDDドライブ)へ移動します。

参考にしているのはこちら 
とあるプログラマの休日
http://ken1hg.sakura.ne.jp/pc/post48/


1.Windows7のインストールを通常通り進めていきます。
インストール中に出てくるHDDのパーティション作成・削除画面で、OSをインストールするドライブだけでなく、データの移動先HDDのパーティション作成・フォーマットしておきます。この時点で作成・フォーマットを忘れると、次の項目で行うコマンド実行時にドライブが見つかりませんと怒られます(経験済み)

2.コマンドプロンプトの表示をする
インストールの最終プロセスであるカウント作成画面まで来たら、アカウント作成をせず(アカウント作成前)に「 SHIFT + F10 」でコマンドプロンプトの表示をします。

3.CドライブからDドライブへのファイルコピーのコマンドを実行します。

robocopy "C:\Users" "D:\Users" /E /COPYALL /XJ
robocopy "C:\ProgramData" "D:\ProgramData" /E /COPYALL /XJ


C:\はWindows7のインストール先。D:\はUsersとProgramDataの移動先ドライブです。
各自環境に合わせ変更してください。

4.Cドライブのフォルダの消去、Dドライブへのジャンクション設定のコマンドを実行します。
ProgramDataに対するコマンドは失敗しますが気にせずに進めていきます。

rmdir "C:\Users" /S /Q
mklink /J "C:\Users" "D:\users"

rmdir "C:\ProgramData" /S /Q
mklink /J "C:\ProgramData "D:\ProgramData"


5.レジストリエディタでシステム側の変更をします。
※レジストリを変更しますので慎重に!

regedit.exe

上記コマンドでレジストリエディタが起動します

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList
の以下のキーの値を%SystemDrive%からD:に変更します
(既定)       REG_SZ       値の設定無し
Default       REG_EXPAND_SZ    D:\Users\Default
ProfilesDirectory  REG_EXPAND_SZ    D:\Users
ProgramData     REG_EXPAND_SZ    D:\ProgramData
Public       REG_EXPAND_SZ    D:\Users\Public
regedit.jpg


6.Windows7のインストール最終プロセスを継続します。
コマンドプロンプトとregedit.exeを終了させ、カウント作成、ネットワークの設定などを進めていきます。各種設定が完了すれば作成したアカウントで自動ログオンされます。正常に完了していれば、Dドライブに Users と ProgramData が作成されています。

7.ProgramDataフォルダの消去
この時点で利用可能ですが、再起動させた後に 4 で削除できなかったProgramDataフォルダを削除します

スタート > 全てのプログラム > アクセサリ > コマンドプロンプト
コマンドプロンプトを右クリックし「管理者として実行」で起動します。

コマンドプロンプトで下記のコマンドを実行します。

rmdir "C:\ProgramData" /S /Q
mklink /J "C:\ProgramData "D:\ProgramData"




これで Users と ProgramData のDドライブへの移動が完了しました。


お願い
「とあるプログラマの休日」ブログで紹介されている方法をそのまま行っていますが、当ブログの内容に関して「とあるプログラマの休日」の方へ質問を行うことはお止めください。
また技術的な質問に関してはお答えできない場合がありますのでご了承ください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

2010-10-06 : PC関連・自作PC・モバイル : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop
SSDへのWindows7のインストール - SSD書き込み回数の削減 «  ホーム  » SSD購入 crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【PC】SSD導入時に最初に確認.【windows7】
 おはようございます. 喫茶店です. Windows7にSSD&HDDでPC可動を考えてる方用. -- SSDにProgram Files や  Users(ユーザ)、ProgramDataを置かない. SSDの寿命延命のためにいくつかやり方がある. ある程度まとまったサイトがあったの
2011-01-15 07:46 : 喫茶店の部屋
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ニシメン

Author:ニシメン
FC2ブログへようこそ!

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。