スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

SSDへのWindows7のインストール - SSD書き込み回数の削減

前回の「Users」と「ProgramData」の移動に続き、更に書き込み回数を削減すべく設定を行っていきます。

1.インデックスの作成の無効化
ファイルからキーワードを抽出しインデックス索引を作成する機能です。インデックスを作成することによりファイルの検索スピードの高速化が可能ですが、滅多にファイル検索をする事もないので無効化します。

スタート > コンピュータ
ローカルディスク(C:)を右クリックし「プロパティ」を表示
赤線で示した「□このドライブ上のファイルに対し、プロパティだけでなくコンテツにも~」のチェックマークを外し[適用]をクリック。
SSD設定_011_インデックス

「属性変更の確認」というダイアログ出てきますので、赤線で示した「変更をドライブC\、サブフォルダおよびファイルに適用する」を選択し[OK]をクリック。
SSD設定_012_インデックス

「アクセス拒否」のダイアログが出てきますので[続行]をクリック。
SSD設定_013_インデックス

「属性の適用エラー」のダイアログが出てきますが[すべて無視]をクリック。
SSD設定_014_インデックス

「属性の適用中」のダイアログが出てインデックスを外す処理が進んでいき、属性の変更が完了します。
Cドライブファイル全てに対しての変更ですので多少時間がかかります。



2.復元ポイントの無効化
システムの変更などで調子が悪くなった場合に前回の設定に戻せる機能ですが、今までの経験からほぼ必要ないだろうとの判断で無効化します。ただし深刻なトラブルが起こった場合、OSの再インストールしか復元方法が無くなる可能性も否定できませんので、無効化するのは慎重にお願いします。

スタート > コントロールパネル > システムとセキュリティ > システム
左側の項目の「システムの保護」をクリック。
システムのプロパティ ダイアログ内の「システムの保護」タブを選択。
保護設定の利用できるドライブで「ローカルディスク(C:)(システム)」を選択し[構成]をクリック
SSD設定_021_復元ポイント

システムの保護対象 ローカルディスク(C:) ダイアログ内 設定の復元項目の赤線で示した「システムの保護を無効にする」を選択し[適用]をクリック。
SSD設定_022_復元ポイント



3.仮想メモリの無効化
インストール直後の初期状態(UsersとProgramDataはDドライブへ移動済み)ではCドライブの利用容量約21.6GB。そのうち約8GB分が仮想メモリファイルである「pagefile.sys」です。64GBと容量の少ないSSDにとって8GBものファイルは大きすぎます。
SSD設定_0061_仮想メモリ

この仮想メモリは別ドライブに移す事も可能(筆者の場合、Usersフォルダの移動先でHDDを利用しているDドライブ)ですが、現在のマシンには8GBの物理メモリを積んでいますので仮想メモリは必要ないだろうとの判断で、仮想メモリの無効化をします。

スタート > コントロールパネル > システムとセキュリティ > システム
左側の項目の「システムの評細設定」をクリック。
システムのプロパティ ダイアログ内の「詳細設定」タブを選択。
パフォーマンス項目の[設定]をクリック。
SSD設定_062_仮想メモリ

パフォーマンスオプション ダイアログ内の「詳細設定」タブを選択。
仮想メモリ項目の[変更]をクリック。
SSD設定_063_仮想メモリ

パフォーマンスオプション ダイアログ内の「詳細設定」タブを選択。
仮想メモリ ダイアログ内の赤線で示した「□すべてのドライブのページングファイルの~」のチェックを外して手動設定可能にする。
SSDドライブのCドライブを選択し、赤線で示した「ページングファイルなし」を選択し[設定]をクリック。
SSD設定_064_仮想メモリ

再起動後のCドライブの利用容量約13.6GB。仮想メモリファイル分の約8GBの空き容量が増えます。
SSD設定_065_仮想メモリ



4.テンポラリーファイルの移動
ソフトウェア作業中の一時ファイル置き場であるTEMP(TMP)フォルダを、HDDドライブであるDドライブへ移動します。

フォルダ移動先のDドライブに TEMP 名のフォルダを新規作成する。

スタート > コントロールパネル > システムとセキュリティ > システム
左側の項目の「システムの評細設定」をクリック。
システムのプロパティ ダイアログ内の「詳細設定」タブを選択。
最下部の[環境変数]をクリック。
SSD設定_071_TEMPファイル

環境変数のダイアログが開きます。「(ユーザ名)のユーザー変数」「システム環境変数」の項目内の TEMP TMP の変数の値「%USERPROFILE%」を「D:」に書き換える。

変更前(赤線部分)
SSD設定_072_TEMPファイル

変更後(赤線部分)
SSD設定_073_TEMPファイル



5.Windowsの自動更新の無効化
自動でダウンロードやインストール作業を進められるのが嫌なので無効(手動インストール)に変更します。

スタート > コントロールパネル > システムとセキュリティ > WindowsUpdate
左側の項目の「設定の変更」をクリック。
重要な更新プログラムを、赤線で示した「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」に変更し[OK]をクリック
SSD設定_041_アップデート

アップデートにはシステムの安全性や安定など重要な修正項目が含まれている事がありますので、自己管理できない場合は自動インストールのままの方が安全・安心です。



6."8.3形式"ファイルの名の自動生成の停止とNTFSの最終アクセス日時更新の停止
この項目はレジストリを変更します。変更ミス等でシステムトラブルの原因となる可能性がありますので、変更には十分ご注意ください。
SSD設定_081_レジストリ

"8.3形式"ファイルの名の自動生成の無効化
現在Windowsではロングファイルネーム機能によって250文字までのファイル名が可能となっていますが、MS-DOSとの互換性を確保するために8.3形式のファイル名も自動生成しています。
現状ではMS-DOSとの互換性を考える必要はないので、8.3形式ファイル名の自動生成を無効化します。

スタート内の「プログラムとファイルの検索」ボックスに regedit と入力。レジストリエディタを起動する。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrnetControlSet\Control\FileStstem
の「NtfsDisable8dot3NameCreation」をダブルクリックしダイアログを表示。
「値のデータ」を「1」に変更し[OK]をクリック。
SSD設定_082_レジストリ

NTFSの最終アクセス日時更新の無効化
初期状態ではファイルを最後に読み出した時間が記録されています。これも必要ないので無効化します。

"8.3形式"ファイルの名の自動生成の無効化で変更した「NtfsDisable8dot3NameCreation」の数個下にある「NtfsDisable8dot3NameCreation」をダブルクリックしダイアログを表示。
「値のデータ」を「0」に変更し[OK]をクリック。
SSD設定_083_レジストリ



7.デフラグの無効化
Windows7がSSDを認識していればデフラグは自動的に無効になっていますが、念のため確認をします。

スタート > コントロールパネル > システムとセキュリティ > 管理ツール - ハードドライブの最適化で、ディスクデフラグツールが起動します。
ディスクデフラグツールダイアログ内の[スケジュールの構成]をクリック。
スケジュールの変更ダイアログ内の[ディスクの選択]をクリック。
スケジュールに含めるディスクの選択でCドライブ(SSD)ドライブが表示されていない事を確認。
表示されている場合、チェックマークを外しデフラグのスケジュールから外す。
SSD設定_091_デフラグ



8.ディスクの書き込みキャッシュの無効化
現在利用しているSSDの場合、キャッシュの無効化をするとパフォーマンスの低下が起こりますので、キャッシュの無効化はしていません。
キャッシュの有効・無効を切り替えてのベンチマークは下記の通り。
SSD設定_101_キャッシュ
Writeスピードが全域で落ち込んでいます。特にランダム4K、4K QD32の落ち込みが酷いです。



総括
ここまででWindows7のインストールからSSD書き込み回数の削減設定まで完了しました。
今回はキャプチャを撮りながらの作業だったので1時間半程度かかりましたが、次回からは1時間程度でインストール出来る作業量だと思います。まあ仕事で時間に追われやってる訳でもなく、頻繁にOS再インストールをする訳でもないので、多少時間がかかろうが関係ない話ですけどね。

この設定でSSDがどこまで延命出来るのか?と言われると、実際の所は判らないとしか言えないです。
MLC方式のSSDでも旧世代の物と最新の物とでは、技術の進歩などで寿命も変わってきてるだろうし・・・
この先SSDがどんな進化をするのか楽しみですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

2010-10-13 : PC関連・自作PC・モバイル : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011-04-28 19:37 : : 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011-04-30 01:43 : : 編集
この記事を私のブログで紹介してもよろしいでしょうか?
こんにちは、Windroid7と申します。
この記事がすごく参考になったもので、私のブログのほうで少し紹介させていただきたいのですが、大丈夫でしょうか。

私のブログのURLです。
http://blog.livedoor.jp/pcandcountrysanimean/

許可をいただいたら載せたいのでよろしくお願いします( -д-)ノ
2012-01-07 17:37 : Windroid7 URL : 編集
どうぞ!
紹介していただけるようで(^^;)
全然大丈夫ですので、ご自由にどうぞ!
2012-01-12 12:58 : ニシメン URL : 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-03-01 21:11 : : 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-01-14 10:47 : : 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-01-27 21:33 : : 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-03-24 07:40 : : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ニシメン

Author:ニシメン
FC2ブログへようこそ!

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。